【購入レビュー】ルーメナープラスがLEDランタンの中で最強な理由【1800ルーメン】

キャンプ

 

夜でもキャンプサイトを明るくしたい、でも燃料を使うランタンは使いたくない。

特に小さい子供のいるファミリーキャンパーには この要望が強いんじゃないでしょうか。

そんな方にはルーメナーが超オススメ。

我が家では これまでジェントス エクスプローラー EX-777XP(280ルーメン)を使ってきましたが、メインランタンとしては暗すぎたので、1800ルーメンのルーメナープラスを購入しました。

他のLEDランタンとの比較と 使用したレビューをします。

 

スポンサーリンク

LUMENA(ルーメナー)って何?

2017年に登場して その機能の高さで話題になり、一時 売り切れで手に入らない状態が続いたほどの人気なLEDランタンです。

2018年にはさらに明るくなって防水機能もついたルーメナー2が発売。

今年 2019年は 初代ルーメナーを大型化した、ルーメナープラスが発売されました。

 

なぜルーメナーは最強なのか

  • 明るさ
  • 連続点灯時間
  • 軽さ、コンパクトさ
  • モバイルバッテリーにもなる

これらの点で他のメーカーのLEDランタンに比べて圧勝だからです。

順番に解説していきます。

 

1000ルーメンを超える明るさ

キャンプサイト全体を照らすメインランタンとして使うには 1000ルーメン以上は欲しいところ。

しかし、1000ルーメンを超えるLEDランタンはあまりなく、主要なメーカーの製品と明るさは以下の通りです。

ルーメナープラス1800~150ルーメン
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C1000~400ルーメン
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン1000~160ルーメン
ロゴス パワーストックランタン20001200~?ルーメン

1000ルーメンくらいのものが多いですが、ルーメナープラスは 数値的にはダントツで明るいことがわかると思います。

ただ、1800ルーメンといっても どれくらいの明るさかピンとこないかもしれないので、参考までに明るさ目安をのせておきます。

  • ガソリンランタンが1800ルーメン以上
  • 室内用LED電球の最も明るいものが1500ルーメン
  • 室内の4.5畳用LEDシーリングライトが2000~3000ルーメン

ちょっと暗めの室内くらいの明るさですね。

ランタンの真下から 3メートル近く離れても本が読めます。

 

連続点灯時間が長い

ルーメナープラス12~160時間
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C5~300時間
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン8~148時間
ロゴス パワーストックランタン20008~140時間

ルーメナープラスなら 最も明るい状態で点灯し続けても 2泊いけます。

 

軽くてコンパクト

ルーメナープラス440g146×96×28mm
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C1255g129×129×246mm
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン980g150×150×290mm
ロゴス パワーストックランタン2000700g125×125×70mm

重さと大きさは 車でのキャンプなら そんなに大きな問題ではないかもしれませんが、車の積載量、家での収納、持ち運びを考えると 小さくて軽いに こしたことはありません。

下の画像はサイズの比較イメージです。

ロゴスの パワーストックランタン2000は一見小さく見えますが、結構 厚さがあります。

 

モバイルバッテリーにもなる

ルーメナープラスバッテリー容量 20000mAh
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C単一電池 4本
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン単一電池 6本
ロゴス パワーストックランタン2000バッテリー容量 20800mAh

ルーメナープラスと ロゴス パワーストックランタン2000は 充電式でモバイルバッテリーとして使え スマホ等を充電できます。

どちらもiPhoneなら 8回くらい充電できる容量です。

 

以下に ここまでの まとめをのせておきます。

製品名明るさ連続点灯時間重量大きさ電源
ルーメナープラス1800~150ルーメン12~160時間440g146×96×28mm20000mAh
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C1000~400ルーメン5~300時間1255g129×129×246mm単一電池 4本
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン20001000~160ルーメン8~148時間980g150×150×290mm単一電池 6本
ロゴス パワーストックランタン1200~?ルーメン8~140時間700g125×125×70mm20800mAh

 

スポンサーリンク

機能は良い。でも高い。 高いけど……

ルーメナープラス17,000円
ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-1000C5,400円
コールマン ミレニア LEDキャンプサイトランタン200012,500円
ロゴス パワーストックランタン25,929円

※ 2019年4月時点のAmazonでの価格です

 

コールマンとロゴスは 全くコストメリットがありません。

ジェントス EX-1000C は他に比べて かなり安いので最後まで悩みました。

 

価格は高いけどランニングコストは安い

ジェントス EX-1000Cは 単一電池 4本を使って連続点灯時間は 5.5時間です。

1泊で 使い切るとしたら 単一電池 1本 100円とすると 4本使うので、1泊あたり400円。

10回キャンプに行くと4000円です。

それに対してルーメナープラスは充電 1回あたり約2円。

30回キャンプに行くとトータルコストが同じになります。

30回行くのは何年か掛かりますが、毎回 単一電池を用意して モバイルバッテリーも別で持っていく手間と重さが無いと考えると、そんなに悪くないんじゃないでしょうか。

(EX-1000Cで 充電電池を使うという選択肢もありますが、使用上の注意にアルカリ電池のみ使用できると書いてあります)

 

スポンサーリンク

ルーメナーのライバルはルーメナー。シリーズ比較

最初の方でも軽く説明しましたが、ルーメナーは3種類あります。

 明るさ連続点灯時間重量大きさバッテリー
ルーメナー1300~260ルーメン8~100時間220g92×92×28mm10000mAh
ルーメナー21500~100ルーメン8~100時間280g129×75×23mm10000mAh
ルーメナープラス1800~150ルーメン12~160時間440g146×96×28mm20000mAh

 

2作目の名前がルーメナー2なのに、なぜか 1作目がルーメナー7で わかりにくいので ルーメナーとしてます。

ルーメナーが一番小さくて価格も一番安いのでコスパいいですね。

ルーメナー2だけ 防水性能(IP67)があるのが特徴です。

ルーメナープラスが一番スペック高いです。

 

スポンサーリンク

ルーメナープラス レビュー

開封

本体(146×96×28mm)
専用ケース(173×125×68mm)
パッケージ

パッケージに書いてあるスペック

ケース収納時。
メッシュのポケットは上側が閉まらないので割と小物が飛び出す。

アクセサリ↓
USBケーブル×1
フック×2
カラビナ×2
USBの蓋

説明書①
Cの入力端子は micro-USBで、ここからルーメナーを充電します。
Dの出力端子のUSBからスマホ等を充電できます。

説明書②
電源ボタンを押す回数で明るさ調整。
長押しで昼光色、昼白色、電球色に順番に変わります。
消灯しても次回 同じ色で点灯します。

説明書③
バッテリーの残量はLEDで 4段階で表示されます。

上面です。
左から 入力端子、出力端子、LEDインジケーター、電源ボタンです。

入出力端子には簡易的な防水キャップが付属してます。

ハンドルは かた過ぎず、やわらか過ぎず動くので、好きな角度で止められます。

 

実際の明るさ

ここが最も重要なところですね。

キャンプ場で使用したときの画像をのせておきます。

ジェントス エクスプローラー EX-777XPとの比較です。

めちゃくちゃ違いが出るはずっだったんですが、画像だとあまり変わりませんね。

というのも これ iPhoneで撮ったんですが、暗いときの撮影では 光量を自動で調整してくれちゃうみたいで、明るさの違いがわかりません。スミマセン。。

あくまでイメージですが、実際には次の画像くらいの差があります。

念のため もう一度いいますが、これは実際の使用感から 画像を加工したイメージです。

EX-777XPだと ライターみたいな小物を落とした時に 見つからないから明日探そうってなりますが、ルーメナープラスなら余裕で見つかります。

それくらいの明るさです。

 

ランタンスタンドが必要

テントとかタープの下で使うなら吊り下げる場所があるので大丈夫なんですが、焚き火のときとか 周りに吊り下げるものがないところで使うには ランタンスタンドが必要です。

テーブルの上とかに置いて使うと 光が目に入って眩しすぎるので。

直接視界に入らないようにするのと、ルーメナーの明るさを最大限にいかすためにランタンスタンドが必要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけで まとめると以下のとおりです。

  • 明るさ、連続点灯時間でダントツの性能
  • モバイルバッテリーにもなる
  • 値段は高いけど ランニングコストは安い

今回買ったルーメナープラスは我が家のキャンプギアの中で、テントを除いて一番高価なものになりました。

最初は単純に値段が高いので 買うつもりなかったんですが、色々比較していく内に そんなに高くないカモ?って思うようになりました。

チェアとかは数字で違いが表現できないので 性能と価格での選び方が難しいですが、LEDランタンみたいな電気製品は 数字で判断できるので多少高価でも納得して買えますね。

スペックだけじゃなく 実際使ってみるとその明るさと連続点灯時間は十分です。

気に入りすぎて サブとして プラスじゃない ルーメナーも欲しくなりました。

明るいLEDランタンならルーメナーが超オススメです。