【Gravit Designerの使い方】四角形の角を丸くする、半透明、グラデーションを掛ける

Gravit Designer

Gravit Designerの基本的な装飾の 角を丸くしたり、塗りつぶし関係について解説します。

無料ソフトですが、結構細かい設定ができます。

 

スポンサーリンク

オブジェクトの選択

オブジェクトを選択 → 右側のメニューで装飾 といった感じでやります。

オブジェクトの選択

オブジェクトの選択は下の画像のように「Pointer」を使います。

なんか色々操作しているうちに「Subselect」になっていることがあるので、いつのまにかマウスカーソルが白くなってたら「Pointer」に切り替えて選択しましょう。

 

スポンサーリンク

角を丸くする

スライダーを動かすか、その右に直接半径を数字で入力すると角が丸くなります。

 

より細かい設定

Cornerの一番右のボタンをおすと、より詳細な設定をすることができます。

角を丸以外の形にもできます。これはあまり使わない気がしますが。。

「Autoscale Corners」のチェックが入っていると、図形の大きさを変えたときに一緒に角の半径も変わります。

チェックを外しておくと、半径 10としたら図形の大きさを変えても 半径 10のままです。

 

「Uniform Corners」のチェックを外すと、下に設定項目が増え、角ごとに半径を個別で指定することもできます。

真ん中の鍵マークをクリックすると さらに調整できる項目が増えて、半径が一定ではなくて徐々に変化させることもできます。

 

スポンサーリンク

塗りつぶし関係

半透明にする

下の画像の囲ってあるところ どこでも調整して 半透明にできます。

ピンクで囲ってある「目のアイコン」を押すと見えなく(完全に透明)になります。

 

グラデーションをかける

色の変更画面の一番上のリストからグラデーションタイプを選択します。

オブジェクトの上に出てくる線の位置でグラデーションの方向を変えられます。

 

スポンサーリンク

その他の効果

長くなりそうなので、枠線とか 影を付けたりなどのエフェクトは別記事にします。

続きはこちら↓