ソーガイド・エフの使い方と角度調整方法

DIY

木を使ったDIYで必ず必要になる木材のカット。

ソーガイドを使えば 誰でも まっすぐきれいにカットできます。

ソーガイドシリーズの中でも一番 汎用性のあるソーガイド・エフの基本的な使い方と、角度の調整方法について解説します。

 

スポンサーリンク

ソーガイド・エフ鋸セットの中身

セットの中身は下の画像のとおりです。

 

ソーガイド本体にのこぎりを差し込んで使うだけですが、用途によって付属品を使い分けます。

この他に「もでりん」という 3Dの図面作成ソフトのシリアルナンバーがついてます。

 

スポンサーリンク

ソーガイドで 幅が狭い板を切る

本体に付属品を取付ける

位置決めストッパーを付けます。平行スライダーとつまみは付けません。

位置決めストッパーは左右どちらでも付けられるので、右利きでも左利きでも大丈夫です。

 

ソーガイドの設置と切断

木材の切る位置に線を引いてから、木材に位置決めストッパーを押し当てつつ ソーガイドをのせます。

ダミープレートを差して、ダミープレートと線が一致するようにソーガイドの位置を合わせます。

ダミープレートを使うことで切断位置を正確に調整できます。

 

クランプでソーガイドを固定したら、ダミープレートと のこぎりを入れ替えて切断します。

 

切断面は下の画像の通りキレイに切れます。

 

切断時に のこぎりが左右にブレないので 1mmの厚さにも切れます。

 

木材の幅は 1×6がギリギリ

SPFの1×6(幅140mm)だと プレートから はみ出てしまうので あまり良くないんですが、切り始めを慎重にやればギリギリいけます。

1×6(幅 140mm)

1×4(幅 89mm)

それ以上の幅の切断については 次の項で解説します。

 

スポンサーリンク

平行スライダーを使って幅が広い板を切る

位置決めストッパーを外して 平行スライダーと つまみを付けます。

 

木材の切る位置に線を引いた後、そこから約155mmの位置に 定規(または まっすぐな木材)置いて両端をクランプで軽く締めます。

ダミープレートを差したソーガイドを置いて、定規に沿ってソーガイドをスライドさせたときに 常にダミープレートが線の上に のるように定規の位置を調整してから クランプを完全に締めて固定します。

定規にソーガイドを押し当てながらスライドさせ切断します。

 

スポンサーリンク

ソーガイド・エフの角度調整

90度に調整するときは 付属のソーガイドゲージは絶対に使ったらダメです。

ソーガイドゲージは角度を自由に変えられるので 完璧な90度が出ないからです。

さしがねかスコヤを使いましょう。

 

先に水平方向の角度を調整する

直線が出てる板にスコヤで90度の線を引いておいて、それにダミープレートを合わせるように調整すると簡単です。

ダミープレートに さしがねやスコヤを直接押し当てて調整すると ダミープレートが だわんで精度が出ません。

〇の位置のネジを緩めて角度変更

線にダミープレートを合わせる

 

次に傾斜角を調整する

プレートにスコヤを当て 角度を決めてから ネジを締めます。

〇の位置のネジを緩めて角度変更

スコヤで角度を確認

ネジを締めたら いらない木材で試し切りをして 切断面の角度を確認し、90度になってなかったら 調整 → 試し切り を繰り返します。

というのも 下の画像のソーガイドは切断面は 90度になってるんですが、さしがねを当てると、さしがねとプレートの間に隙間ができてしまってます。

(画像わかりずらくてすみません。わずかな隙間なので。下の方に隙間があります。)

なので 一発で合わせるのは まず不可能で、試し切りは必須です。

 

切断面の90度の確認方法

カットした木材の一方を裏表 逆にして切断面を合わせます。

下の画像のようにぴったり合っていないと、強く押し当てたときカタカタ動きます。

90度じゃない切断面

90度の切断面

この方法だと 例えば角度が1度ずれていたとすると、両方の切断面で合わせて 2度のずれになり 2倍の精度で確認できるので、さしがねや スコヤを直接 当てて確認するよりオススメです。

 

スポンサーリンク

ソーガイドは素人には必須アイテムです

ご覧いただいた通り ソーガイドはガッチリ固定した後に のこぎりを前後させるだけなので 誰でも まっすぐきれいに切断できます。

ソーガイド・エフは角度の調整が少しめんどくさいですが、使ってるうちに慣れるし 絶対 角度も変えたくなるので、シリーズの中で一番汎用的なエフがおすすめです。