サラリーマンがプログラミングはじめるなら まずはエクセルVBAがオススメ

プログラミング

VBAはエクセルを操作するプログラミング言語です。

マクロと呼ばれたりもするので こっちの名前で聞いたことあるひともいるかもしれませんね。(厳密には違うものですが、ここではスルーします)

VBAは言語仕様が古いし、汎用的な言語でもないし、IT企業に就職できるわけでもないのに おすすめする理由を説明します。

 

スポンサーリンク

プログラミング学習は割と挫折する

一番大きな理由はこれです。

何かつくりたいものがある(目的)、つくらなきゃいけないという状況(責任)なら続けられると思いますが、大半のひとはそうじゃないですよね。

そもそも、つくりたいものをイメージするには プログラミングで何ができるかを ある程度理解してないといけないというジレンマ。

 

言語選びで悩む

プログラミングで言語選びは重要ですが、最初は数ある中でどの言語を選んでいいかわかりません。

ググってみても「やりたいことによって言語を選べばいい」みたいな説明。

でも これは実際そうなんです。

例えばフランスに行くってなったらフランス語を勉強しますよね?

イタリア語を勉強しようとは思わないです。

これと同じで、iOSのアプリをつくりたい → Swift というように、行先(目的)によって言語は決まります。

なので つくりたいものがないということは、その国に行く予定がない → 言語学習のモチベーションが上がらず挫折、という構図になりがちです。

 

環境構築が必要

これも結構 挫折ポイントです。

プログラミングをはじめるには 統合開発環境(IDE)とよばれるものを準備しなきゃいけません。

インストール、設定するのによくわからん用語がいっぱい出てきてハードルを感じ 挫折します。

 

スポンサーリンク

VBAからはじめるメリット

できることをイメージしやすい

コレに尽きます。

普段から使ってるエクセルなら できることをイメージしやすいので、ある程度学習を進めると つくりたいものが 出てきやすいです。

つくりたいものができると、

こういう処理をしたい → ググる → やってみる → またググる

という感じで学習スピードが上がります。

これを繰り返して引き出しを増やしていくのが一番近道です。

 

開発環境と学習環境

開発環境はエクセルと一緒にインストールされてるので、改めて用意する必要はありません。

学習面でも エクセルなので、会社で仕事中に “効率化” という大義名分をつくって勉強できます。

 

周りからの評価が上がる

VBAができると会社で「プログラミングできるヤツ」と同時に「エクセルめっちゃできるヤツ」のポジションを獲得できます。

VBAができると、「バラエティもできる俳優」みたいな感じで社内での希少価値が上がって重宝されます。

 

ひとつ覚えれば他の言語も入りやすい

これもさっきの語学学習と一緒で、英語ができない人より、英語ができる人の方がフランス語も覚えが早いように、プログラミングも 2つ目は かなり入りやすくなります。

英語できないので、知らんけど。 でも多分そんな感じ。

 

スポンサーリンク

というわけでVBAをおすすめします

たぶん本職のガチプログラマーはVBAは勧めないと思います。

最初から使い道の決まってない汎用的な言語を覚えるより、身近で使い道のあるVBAでプログラミングの方がモチベーションを保てます。

すぐにIT業界に転職したい!とかでなければ、とりあえず 簡単にはじめられるVBAから ゆるい感じで はじめて、自分の可能性を増やしておくといいと思います。