貯金のない会社員が老後資金2000万円不足問題の対策を考えた結果

副業
スポンサーリンク

年金だけだと老後資金 2000万足りないらしい

2019年の 6月初めに こんな報道がありました。

年金に期待してたわけじゃないですが、あらためてリアルな数字を出されるとキビシイですね。

 

どうやって 老後 お金に困らないようにするか

選択肢は 次の2つ。

  • 今から積み立てる
  • 老後も稼ぐ

 

今から少しずつでも積み立てるのが順当な方法だとは思いますが、月 3万とか結構キビシくないですか?

ウチは子供が 2人いるのでムリです。

ムリというのは 自分の老後より 子供と一緒に色んな場所に出掛けたり 経験させたりして、子供の将来に投資してあげたいので。

今、子供と過ごす貴重な時間の代わりに 貯金するために節約して我慢して過ごすのは自分の人生の無駄使いでもあると思います。

 

貯金しなくても老後に稼げれば問題ない

会社員は定年退職すると収入源が無くなって減る一方だから 貯めておかなきゃいけないわけです。

別に老後でも稼げれば今からお金を貯めなくても いいんですよ。

エリクサーは手に入らないから使えないわけで、手に入れる方法が分かってればガンガン使えます。

今でも ランサーズやココナラみたいに自分のスキルが売れる時代なので、30年後にはもっと個人が稼ぐ選択肢は広がっているはず。

というわけで、今から老後も稼げるスキルを身に着ければ問題解決です。

 

スポンサーリンク

個人で稼ぐ方法

今の時代、ネットを使えば方法はいくつもありそうですが代表的なのはこの辺ですかね。

  • 転売
  • クラウドソーシング
  • ブログ、YouTubeの広告収入
  • コンテンツ販売
  • トレード

 

クラウドソーシングは挫折した

実は以前にクラウドソーシングで稼いでみようと思い、プログラミングを勉強していましたが、挫折しました。

プログラミングを挫折したわけではなく、営業に挫折しました。

クラウドソーシングは 依頼主が仕事を出していて そこに対して 登録してる人が「私ならこういうスキル・実績あるので できます!納期は 1週間で 〇円でやります!」みたいに提案(営業)をして仕事を受けます。

仕事を受けたあともクライアントと連絡を取りながら何度も修正しつつ進めていきます。

営業とか お客さん対応とか コミュ障の自分には キツイ。。

 

トレードなら完全に自分ひとりでできる

株やFXみたいなトレードなら 誰とも関わらず完全に自分だけで完結します。

パソコンさえあれば できるので もちろん体力の落ちた老後でも。

まとまった資金が必要そうですが、少額資金でも始められるようなので参入障壁もそんなに高くないみたいです。

とはいえ トレードって難しそうイメージですよね。

それでもトレードで稼いで生活してる人や、投資会社があるということは、そこには方法論があるはずで、勉強と経験を積めばどうにかなるかな、なるといいなと思ってます。

 

上手くいかなくても経済の知識は残る

はっきり言って 世界はおろか日本の経済とか 全く興味なかったです。

37歳のおっさんなのに 金融リテラシー ゼロです。ヤバイですよね。。

なので トレーダーが上手くいかなかったとしても そこで学んだ経済の知識は残るので、最悪それでよしとします。

 

何のトレード?株?FX?仮想通貨?

取引所のやってる時間は それぞれ次のとおり。

株 : 9:30-11:30 12:30-15:30、土日祝日休み

FX : 24時間 土日休み

仮想通貨 : 24時間 休み無し

株は時間的に会社員には無理ですね。

FXも土日はできないので、副業でやるなら時間的には仮想通貨がよさそうです。

あと個人的には 技術者なのでブロックチェーンとか比較的新しい技術は興味のあるところでもあります。

 

というわけでトレーダー目指します

職業柄 統計とか分析は得意なので、チャート分析とか わりといけるんじゃないかと思ってたりもしますが、まあ最初は負け倒すんでしょうね。

当面は負け越さないことを目標に頑張ろうと思います。

そして あわよくば 脱サラして専業トレーダーに。。