手数料のメイカー、テイカーって何? bitbankのマイナス手数料を初心者向けに解説

仮想通貨

仮想通貨の取引所を決めるときに気になるのが手数料。

「手数料無料はわかるけど メイカー テイカーってどういうこと?」

「手数料がマイナス?」

投資とかまったくやったことない私は 仮想通貨の取引所で口座開設するときに この辺がわからず調べましたが、わかったのは雰囲気だけ。

そこで メイカーテイカー手数料のある仮想通貨取引所 bitbankで 口座を開設して実際に取引してみて理解した内容を 初心者向けにまとめました。

 

スポンサーリンク

メイカーとテイカー、指値と成行

メイカーテイカーの前に取引所で取引をする際に知っておく必要のある単語「板」、「指値」、「成行」について解説します。

 

取引所の板とは

取引所は買いたい人、売りたい人が集まってくる場所ですが、それぞれの人が買いたい価格と量、または売りたい価格と量を掲示してあるのが「板」です。

真ん中の列に 上から高い順に価格が並んでいます。

売りたい人はなるべく高く売りたいので 板の上側、買いたい人はなるべく安く売りたいので板の下側に並んでいて、価格の横にそれぞれの売りたい、買いたい数量が表示されています。

真ん中が今の価格で、売りたいひとと 買いたいひとがマッチすれば取引が成立し、板からその価格が消えて 今の価格が変動します。

 

指値とメイカー

指値(さしね)はいくらで買いたい、または売りたいと指定して買ったり売ったりする取引方法です。

そして、メイカーは make、つまり指値で板に新しい価格を「作る」ことをさします。

このとき注意しなければいけないのは、指値なら必ずメイカーになるわけではないこと。

既に板にある価格の指値では makeにならないのでメイカーではなくテイカーになってしまいます。

 

成行とテイカー

成行(なりゆき)は価格を指定せずにそのときの価格で買ったり売ったりする取引方法です。

テイカーは takeつまり「取る」なので、既に板にある価格を取ることをさします。

なので成行は必ずテイカーになります。

 

一旦まとめると

メイカー:板にない価格を指値で注文するとき

テイカー:成行注文、または既に板にある価格で指値注文するとき

 

スポンサーリンク

メイカー テイカー手数料

例えば 仮想通貨取引所 bitbankの手数料は 下記の通り メイカーとテイカーで手数料が違い、メイカーはマイナスになってます。

メイカー:-0.02%

テイカー: 0.12%

 

メイカー テイカー手数料がいくらか実際に計算してみる

bitbankの手数料を例に 実際にいくら手数料が掛かるか計算してみましょう。

ビットコインが 1BTC あたり 100万円だったとします。

テイカーで 0.01BTC買ったとすると、手数料は 10,000円 の 0.12% なので 12円払うことになります。

ではメイカーで 0.01BTC買った場合は いくらになるでしょうか。

10,000円 の -0.02% なので 手数料は -2円なので 手数料を 2円払うのではなく 2円貰えることになります。

買いで売りでも同じです。取引量と価格に応じて手数料が計算されます。

 

テイカーの手数料がどれくらい負担になるか計算してみる

上記の例では テイカー手数料 12円ですが、これがどれくらいの負担額なのか計算してみましょう。

0.01BTCを 100万円で買って、101万円で売ったとすると、取引での利益は 100円になります。

この時の手数料は 売りも買いも テイカーで注文したとすると 12×2 で 24円かかる(計算を簡単にするために小数点以下は無視してます)ので 取引での利益 100円からこの手数料を引くと 76円になってしまいます。

これが 売りも買いもメイカーなら 利益は 104円になります。

メイカーはお得ですが、テイカーの手数料は結構大きいですね。

 

短期の取引はメイカーで

さきほどの例では 価格変動が 100万円から 101万円で 1%の変動だったので 例えわずか0.12%の手数料とはいえ 大きな割合になりました。

長期投資で 一回の取引で 何十%も動くような取引の仕方なら この手数料は問題にならないかもしれません。

ですが、短期で取引することを考えている場合は、いくら仮想通貨は価格変動が大きいといっても 頻繁に 10%とか動くわけではないので、手数料は無視できない大きさになってきます。

 

スポンサーリンク

メイカーの扱いずらさ

テイカーが損なのが わかってるならメイカーで注文すればいいわけですが、メイカーは結構扱いずらいです。

実際にやってみてわかったことをまとめました。

 

トレンドと逆の指値は約定しにくい

価格が上昇傾向のときに勢いに乗って買いたい、下降傾向のときに損をおさえるために売りたいということは よくあると思います。

価格が上昇傾向のときに メイカーで買おうとすると、価格がどんどん上がっているのに 現在の価格より下に指値を入れることになるので、なかなか約定(取引成立)しません。

自分の指値がどんどん下がっていくのでキャンセルして 上の方に入れなおして…… を繰り返してやっと約定したと思ったら 上昇傾向が終わって下がり始めてた ということがよくありました。

その瞬間に売り買いしなければ手数料以上の損をすることもあるので、すぐに売り買いしたいときは テイカーも考えておく必要があります。

 

一番下の売り価格より上に指値を入れるとテイカーになる

それなら、買いで 並んでいる買い価格の一番上に指値を入れたら?と思って試してみました。

結果は下の画像の通り。

 

売りの一番下と 買いの一番上の価格の間に指値を入れた場合は メイカーになりました。

このように 間が空いてれば 上に差し込むことができますが、そうでないことも多く いつもできるとは限りません。

 

売りの一番下より上の 空いてるところに指値を入れたら、売りの一番下の価格でテイカーになりました。

買いたい人はなるべく安く買いたいはずなので、勝手に気を効かせて指値より安い価格で約定してしまうみたいです。

 

スポンサーリンク

メイカーはお得だけど ときにはテイカーも

というわけで、メイカーテイカーについて解説しました。

メイカーのマイナス手数料は お得なので積極的に使いたいけど、それなりに扱いずらいですね。

結構間違えてテイカーになってしまうこともあります。

買うときは 比較的時間があるので 買えなくても次のタイミングを待てばいいですが、売るときは そこで売らないと 損してしまうこともあります。

なので 買うときは メイカー、売るときはテイカーとか 自分の中でルールを決めて、メイカーにこだわらずに テイカーとも うまく付き合っていく必要がありそうです。