完全な投資初心者が仮想通貨の口座を開設して取引までを初心者に向けて解説する

仮想通貨

「仮想通貨を買ってみたいけど 投資とかやったことない初心者には難しそう」

「ビットコインって1枚 100万円とかするから買えないよね…… 」

私もそう思ってました。

私は 株も FXも投資に関することは一切やったことがありません。

そんな完全な投資初心者が 仮想通貨の口座を開設してビットコインを買うまでを、調べても出てこないくらい超基本的なことまで まとめました。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の取引をするには口座開設が必要

ビットコインなどの仮想通貨を購入・売却するには仮想通貨の取引所で口座をつくる必要があります。

銀行に口座をつくるようなもので、口座にお金(日本円)を入れておいて、そのお金で仮想通貨を買ったり、売って円に戻したりします。

取引所によって 扱っている仮想通貨の種類が違ったり、手数料が違ったりします。

初心者はとりあえずビットコインが買えればいいと思いますが、ビットコインはどこの取引所でも買えるので心配いりません。

問題は手数料です。

 

取引所と販売所の違い

仮想通貨を扱う所という点では同じですが、違いがあります。

取引所と販売所の違いは下記のイメージ。

取引所は個人間で売買する場所を用意してくれてる、メルカリみたいなイメージ。

販売所は 一旦販売所を通して売買するので、リサイクルショップのイメージです。

なので販売所の方が手数料が多くかかるため、選択としては取引所になります。

よく販売所は初心者向きとか書いてあったりしますが、初心者の私でも余裕で使えたので最初から取引所で全く問題ないです。

 

見えない手数料 スプレッドに注意

販売所は手数料が高いと書きましたが、実は販売所でも手数料 無料のところがあります。しかし そこには見えない手数料があるので要注意です。

見えない手数料の正体はスプレッドというものです。

例えば 1ビットコインを 買うときの値段が 100万円だとします。同じタイミングで売るときの値段が 98万になっていて、買うときと 売るときの値段の開きがあることをスプレッドと言います。

この例だと、買った次の瞬間に売っただけで 2万円損することになります。

これが 実質の手数料になっているわけですね。

販売所はスプレッドを設定しているので、やはり取引所を選びましょう。

 

どこで口座開設する?

国内の取引所で検索すると 次の 3つがすぐに出てきます。

  • GMOコイン
  • bitbank
  • Coincheck

DMM Bitocoinも 検索上位に出てきますが、販売所で手数料無料だけどスプレッドが広いようなので却下。

私は bitbankと Coincheckで口座開設しましたが、bitbankはチャートの分析ツールが豊富で後々使いそうな気がしたので、bitbankを使ってます。

この辺の使い勝手とかは実際に使ってみないと分からないので、とりあえず いくつか口座開設して試してみるのがいいと思います。

年会費とか維持費は掛からないので、作ったまま使わないで損するということもないので。

 

口座開設はかなり簡単

口座開設自体は意外と簡単でした。

丁寧に解説してくれてるサイトもありますが、見る必要ないくらい簡単です。

bitbankも Coincheckも 口座開設は大体流れは同じで次の通り。

  1. Web申し込み 生年月日、住所とか入力
  2. Webで本人確認書類をアップロード
  3. 数日後に確認書類を受け取る

本人確認書類は免許証等をスマホやカメラで写真をとってアップロードします。

数日後に はがきが一枚送られてきて 受け取れば、というか郵便受けに投函されれば 住所確認されたことになり、口座が使えるようになります。

bitbankの方は暗証番号が書かれていて、それを使って有効化するみたいですが、ほっといても自動で有効化されるようなので意味なしです。

Coincheckの方はそれさえもありません。

いずれも ハガキを受け取って住所が実在する確認が取れればOKのようです。

 

スポンサーリンク

ビットコインの買い方

ここからは bitbankですすめますが、他でも流れは同じだと思います。

 

口座に入金する

口座をつくっても 銀行みたいにキャッシュカードが送られてきてATMで入金するわけじゃありません。

銀行口座と違うのは 預け入れと引き出しが無いので、入出金は振込になります。

ということは、いちいち振込手数料が かかってしまいます。

bitbankも Coincheckも 住信SBIネット銀行の指定口座への振込になるので、あらかじめ 住信SBIネット銀行で口座を作っておくことをおすすめします

というのも SBIネット銀行からSBIネット銀行への振込は手数料無料だからです。

あと 普通の銀行口座からの振込だと 営業時間内しか振込ができませんが、住信SBIネット銀行なら24時間振込ができて、夜中でも 10分くらいで入金が反映されます。

 

いくら入金すればいい?

ビットコインは 1BTC 100万円とかしますが、bitbankの取引単位は 0.0001 BTC からなので、約100円から買えます。

なので1000円くらいの入金でも取引できますが、それだと動くのが数十円程度なので物足りないです。

1万円分くらい買うと 数百円の利益または損が出るので、初めはこれくらいで練習するとちょうどいいと思います。 

 

ビットコインを成行で買う

入金が確認できたら いよいよ注文です。

売り買いには「指値」と「成行」という方法がありますが、簡単に説明すると以下の通り。

指値:値段を指定して買う

成行:その時の値段で買う

 

では bitbankでビットコインを成行で買ってみます。

  1. BTC/JPYに切り替える
  2. 「成行」を押す
  3. 「買い」を押す
  4. 買いたい数量を入力する
  5. 「注文」を押す

 

売りたいときは 3.で「売り」を押すだけです。

4.の買いたい数量を入力する代わりにスライドバーを動かすと持ってる資産の割合で買うことができます。一番右までスライドすると口座の資金で買える最大の数量にすることができます。 

実は bitbankでは 成行で買うと手数料が多めにかかってしまう(1万円分で 10円程度)ので指値で注文した方がいいんですが、とりあえず今回は簡単に買える成行にしてます。

この辺の詳細は↓の記事で。

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、投資とか まったくやったことのない超初心者でも口座開設して取引まで できました。

ちなみに 私は小心者なので 最初はびびって1000円分からはじめたんですが、最初の取引で40円の利益が出ました^^v

額にしたら全然大したことないですが、結構嬉しいものです。

少額だとゲーム感覚で楽しめるので 口座開設してみてはいかがでしょうか。